こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【IEA:石油の供給過剰、2017年まで続く-価格反発は抑えられる】
国際エネルギー機関(IEA)は、
世界的な石油の供給過剰状態が2017年まで続くとの見通しを示した。
過剰分の解消にはこれまで想定された以上の時間がかかるため、
短期的に石油価格が回復する可能性は抑えられるという。

※ブルームバーグ引用

投機的に売り、買いは、今後も続くと思いますが、
何となく、今後の石油の動向をあらわしていると思います。
もう少し、下げる局面が、もう少しあると思います。
または、ドル・コスト平均法で、原油のブルファンドを、
コツコツ買っていくのはありだと思います。

【政府系ファンド、45.8兆円を今年株式から引き揚げも-SWFI】
原油相場が1バレル当たり30-40ドルのレンジにとどまれば、
世界の政府系ファンドが今年、4043億ドル(約45兆8000億円)を
株式市場から引き揚げる可能性があると、
ソブリン・ウェルス・ファンド・インスティチュート(SWFI)が指摘した。

※ブルームバーグ引用

原油で利益を出していた国々が、
原油の下落で出た損失を埋めるため、
購入していた株式を売却するという、
スパイラルに陥っています。
すでに、売却が終わったわけではなく、
原油価格が上昇しなければ、
今後も売り続けるというアナウンスは、
気になります。

【2月22日のマーケット】
160222_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2380-399946b7