こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国、財政政策を緩和へ-16年の経済成長率目標を6.5-7%に設定】
国は、2016年の経済成長率目標を
前年に比べて低く設定した。
財政政策を緩めるとともに、
肥大化した国有産業の再編を加速する方針も示した。

※ブルームバーグ引用

経済成長率の目標を下げたといっても、
実体経済は、おそらくこの値を下回ってくるはずです。
中国から、さらに人件費の安い国に、生産拠点を移す
企業のほうが、今後も多くなる可能性のほうが高いですし、
何よりも労働者の賃金が、中国も高くなりつつあります。
中国株に投資するのであれば、ある程度、豊かになった
国民が何に対してお金を使うのかを軸にして投資するのが良いと思います。

【2月の米雇用者予想上回る24万人増-賃金はマイナス、労働時間も短縮】
2月の米雇用者数は市場予想を上回る増加となったものの、賃金は予想外に減少した。
米労働省が4日発表した非農業部門雇用者数
(事業所調査、季節調整済み)は前月比24万2000人増。
前月は17万2000人増(速報値15万1000人増)に上方修正された。
失業率は4.9%で前月から変わらず。平均時給は月間ベースで約1年ぶりのマイナスとなった。

※ブルームバーグ引用

アメリカの雇用統計の結果を受けて、
月曜日に大きな下落はなさそうです。
注目すべきは、今行われている大統領選ですが、
前回、書いたとおり、トランプ氏、ヒラリー氏、
どちらが大統領になっても、日本への風当たりが強く、
アメリカが、国内の生産性を上昇させる政策をとれば、
日本のマーケットの下落要素になります。

【3月4日のマーケット】
160306_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2387-4ffabfed