こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米国債(1日):下落、雇用統計が米経済の強さを示唆】
1日の米国債は下落。3月の米雇用統計は
年内利上げの臆測を支持する内容だった。
この日は5年債を中心に下落。米労働省が発表した
3月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
前月比21万5000人増。

※ブルームバーグ引用

雇用統計の結果を受けて、アメリカマーケットは上昇。
なかなか、反転しませんが、日本マーケットは失速したので、
アメリカマーケットも、そろそろ上げすぎの反動の調整があっても
良いのではないかと思います。
FRBは、少なくとも年に1~2回は、利上げを実行しそうです。

【ドル強気派パイオニアのウパダヤ氏、敗北認める-イエレン議長発言で】
パイオニア・インベストメンツの通貨戦略ディレクター、
パレシュ・ウパダヤ氏は当面、ドルを手放すことにした。
同氏は少なくとも向こう3カ月間は、ドル高を見込んだ取引は手控える。

※ブルームバーグ引用

為替で、一番注目すべきは、
各国の金融政策の行く末です。
自国通貨を安くする競争が始まっていますが、
アメリカが、本腰を入れてドルを下落させてくると、
今までのアベノミクスの効果が、水泡に帰すことになります。

【4月1日のマーケット】
160403_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2407-e2dafe62