こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株:上海総合指数、3日ぶり反発-レアアース関連株が高い】
19日の中国株式市場で上海総合指数は3営業日ぶりに反発。
エネルギー銘柄が下げたものの、レアアース(希土類)関連株が値上がりした。
上海総合指数は前日比0.3%高の3042.82で終了。
前日は約3週間ぶりの大幅安だった。
廈門鎢業(600549 CH)と中国北方稀土(集団)高科技(600111 CH)が上昇。
煙台傑瑞石油服務集団(002353 CH)などエネルギー株は安い。
CSI300指数も0.3%高で引けた。

※ブルームバーグ引用

アメリカ株しかり中国株の
2月に大きく下落してから、着々と上昇しています。
アメリカが強いというのもありますが、
大きなマイナス材料がないのも要因だと思います。
しかし、ここまで上昇が続くと、
ちょっと気を付けても良いころです。
やはり、気になるのはアメリカです。

【カーニー英中銀総裁、EU離脱ならあらゆる措置が選択肢に-調査】
債券買い入れ、為替介入、利下げ、あるいは利上げ。
これらは英国が欧州連合(EU)離脱を決めた場合に
イングランド銀行(英中央銀行)がとり得る措置の一部にすぎない。

※ブルームバーグ引用

EUにしていることが、長期的にメリットがあるのか、
それとも、沈む行く船から、早く降りるべきなのか。
もちろん、未来はわからないので、何とも言えませんが、
現状のEUは、良くなっているというより、問題を先送りし、
そのツケを次世代に回しているように見えます。
私がイギリス国民で、EUの離脱を決める選挙があれば、
離脱に投票すると思います。
しかし、日本も問題を先送り中、政府が進める
「一億総活躍社会」って何なんでしょうか?

【4月19日のマーケット】
160419_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2419-68780e62