こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【英ポンド、2カ月ぶり安値に下落-世論調査がEU離脱派優位示す】
ロンドン時間14日午後の外国為替市場で
ポンドは2カ月ぶり安値に下落した。
23日の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が
選ばれることへの懸念が高まっている。

※ブルームマーケット

やはりマーケットのトレンドを変えるのは、
政府の政策のようです。
本日も世界中のマーケット(中国以外)が下落。
日本マーケットは、
特にマザーズはかなり上昇していたため、
下落の幅が目立ちます。

【ドイツ10年債利回り初のマイナス、英国民投票が低下に拍車-チャート】
ドイツの10年物国債利回りが14日、初めてゼロを下回った。
世界経済見通しの悪化が質への逃避を促した。
欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利と資産購入を背景とした利回り低下に、
欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票を控えた投資家の不安が拍車をかけた。

※ブルームバーグ引用

安全資産へ資金が流れているのが読みとれます。
まだ、あまり下落していないアメリカマーケットも、
世界中のマーケットが下落を始めれば、
その流れを追随することになります。
三振になりそうな打席には立たない選択が
投資家にはできるので、その時は、
素直にゲームから降りて、観客になるのも一つの選択です。

【6月14日のマーケット】
160614-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2456-ef41afa0