こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【VIXが示す英国民投票前の静けさ、市場は賭け屋注視か-チャート】
欧州連合(EU)離脱・残留を問う英国民投票を23日に控え、
シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX、1週間物)は、
昨年の中国人民元切り下げやロシア・ルーブル危機、米国債格下げ、
2008年の世界金融危機といった市場を揺るがせた出来事と比べ、
比較的落ち着いた状況を示している。

※ブルームバーグ引用

記事の続きを読むと、
英ブックメーカー(賭け屋)、ラドブロークスのオッズについて、
書かれていますが、今のところ、EU残留確率は78%。
日本では、早ければ24日の10時ごろに、
大勢が反映するはずです。
長期で見れば、脱退すべきでないとは思いますが、
難民を一定数、受け入れないといけないというのも、
なかなか条件はきついと思います。

【IMF:米経済成長率見通し引き下げ、「非常に緩やかな」利上げ促す】
国際通貨基金(IMF)は
今年の米経済成長率見通しを引き下げた。
その上で米金融当局に対し、米経済が利上げに
耐えられるかどうか検討する上で、
インフレ目標をややオーバーシュートする方向を促した。

※ブルームバーグ引用

個人的にIMFの発表は、
いろいろなバイアスがかかっていて、
あまり信用していないのですが、
利上げ後、アメリカ経済は、続けて
利上げを行うほど、まだ景気が回復していなかった
ということだと思います。

【6月22日のマーケット】
160622-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2462-7b202db9