こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【英国EU離脱で大荒れの世界市場:株・ポンド急落、円と金は急伸】
英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことを受け、
24日の世界金融市場は大揺れの展開。
ポンドは約30年ぶり安値に沈み、株式市場では
時価総額にして約3兆ドル(約307兆円)が吹き飛んだ。
一方、質への逃避で米国債や金には投資資金が押し寄せた。

※ブルームバーグ引用

選挙の結果は、離脱となりました。
選挙中は、残留が優勢と伝えられ、
為替も逆に動いた分、離脱が決まった際に、
大きく動くことになりました。
個人的に思ったのは、日本、ヨーロッパのマーケットは、
比較的、大きく下落しましたが、
アメリカが、それほど下落していないので、
月曜日、反発するのか、下落するのかが注目です。

【グロース氏:英EU離脱選択で米利上げ先送り-来年もない可能性も】
ビル・グロース氏は、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が
勝利したことを受け、米国では年内、場合によっては
来年を通しても利上げの機会は恐らくなくなるだろうとの見方を示した。

※ブルームバーグ引用

イギリスがEUを離脱するにあたって、
2年間の期間のあいだ、進められるそうですが、
世界経済にとっては、どう考えてもマイナス要因。
これから、マーケットが上下するのは間違いありません。
マーケットを安定させるには、利下げ、
または、量的緩和を実施する可能性が高くなったわけです。
おそらくアメリカの年内の利上げは、記事にあるとおり、
なくなったと思います。

【6月24日のマーケット】
160626-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2464-1cfbd722