こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【任天堂が大幅続伸、コマツやオンワドH高い、九州電急落】
11日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。
任天堂(7974):前週末比25%高の2万260円。
持ち分法適用会社のポケモンが米で7日に配信開始した
スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が、調査会社アップアニーの
iOS向け無料アプリのランキングで首位となったことが引き続き好感された。

※ブルームバーグ引用

参院選の自民党の圧勝を受けて、
日経平均は大幅に上昇しました。
その流れを受けて、あの任天堂が、
ポケモンのアプリが、アメリカで大人気ということで、急上昇。
ガンホーや、mixiのように、企業の収益が、
急激に増えることが期待されています。
日本でのリリースは、まだ先ですが、
携帯アプリは当たれば大きく、
ユーザーが増えれば増えるほど、課金も増えることになります。

【米国籍ETF、日本株2本から年初来1兆円流出-ドル安効果不発】
米国籍の上場投資信託(ETF)で年初来、
日本株に投資する商品からの資金流出が顕著だ。
世界経済の不透明感を背景に流動性ある市場として売り対象になっているほか、
為替のドル安・円高進行による企業業績への懸念、
アベノミクスへの失望も海外勢の日本株離れを助長する。

※ブルームバーグ引用

今回の選挙が、日本マーケットの反発の
きっかけになればとは思いますが、
以前から書いている通り、現状の政策を維持した場合、
日銀、政府がマーケットを支えきれなくなったときの、
反発は大きいと思います。
すでに、海外の投資家はは、
日本株をコツコツ売っているようです。

【7月11日のマーケット】
160711-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2474-17f6303a