こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株:上海総合指数、2週間ぶり高値-景気安定化の兆しで】
9日の中国株式相場は上昇。
上海総合指数が2週間ぶり高値となった。
景気安定化の兆しを受け、工業銘柄や消費者関連株を中心に値上がりした。

※ブルームバーグ引用

中国マーケットは、ここ最近、右肩上がり。
一番、気にしているのは、やはり不動産価格、
そして世界の景気悪化に伴う影響は、
中国にも、これから出てくると思うのですが、
ここで上昇してくるのは、不思議です。
さらに、日本の尖閣諸島を包囲する
中国の船が不気味ですが、もし、中国が
尖閣諸島を占領することになれば、マーケットが
やや荒れることになりますし、
何よりも日本政府の大きな岐路になるかもしれません。

【【個別銘柄】任天堂や小野薬高い、大林組急落、ブラザーや旭化成急伸】
9日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。
任天堂(7974):前日比7.4%高の2万2850円。

※ブルームバーグ引用

任天堂も小野製薬も暴落すれば
コツコツ買い増しして、1年~2年、
保有できる銘柄だと思います。
優良銘柄が暴落した時に株を買える勇気を
持ちたいものです。

【8月9日のマーケット】
160809-1



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2494-db1d67be