こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【イエレンFRB議長講演、ゴールドマンとPIMCOで異なる解釈】
米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が
26日に行った講演は、ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストにとって、
9月の米利上げの確率を引き上げるのに十分なタカ派的内容と映った。
一方、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、
講演には特筆すべき点は一切なかったと受け止めている。

※ブルームバーグ引用

人の話の解釈は、本当に難しい。
ちょっとした言葉のニュアンス、雰囲気、周囲の環境、
自分の立場によって、その受け取り方が変わってしまうのです。
しかし、今日の日本マーケットの動きを見る限り、
大多数の人は、近いうちにアメリカの金利引き上げが、
実施されると踏んでいるようです。

【中国株「異常な取引」調査-2カ月足らずで774件、投資家が戦々恐々】
中国金融市場での投機的取引の抑制を図る同国監督当局が、
通常と異なる株価の動きに対する調査を強化しつつある。

※ブルムバーグ引用

中国株の取引は、
日本や欧米に比べると、やはり自由度は、
劣ると思っています。
最大のリスクは、中国政府が力づくで、
マーケットをコントロールできることです。

【8月29日のマーケット】
160829-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2507-4ed128cd