こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米国株(2日):上昇、8月の雇用統計受け9月利上げ観測が後退】
2日の米株式相場は上昇。
8月の米雇用統計は労働市場の着実な伸びを示唆した一方、
金融当局が利上げを迫られるほど強い内容でもなかった。

※ブルームバーグ引用

市場の予想を下回った結果でも、
アメリカマーケットは反発、
円安を進んだところを見ると、
何だかんだ言っても、アメリカの金利引き上げを
とても意識しているように見えます。
月曜日、日本マーケットは、おそらく横ばいだと思うのですが、
今まで同様、アメリカマーケットの動きと
同じような動きをしそうです。

【NY原油(2日):大幅反発、ロシア大統領がOPEC合意に前向き】
2日のニューヨーク原油先物市場では
ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反発。
ロシアのプーチン大統領は石油輸出国機構(OPEC)と
ロシアが原油の増産凍結協議で合意に達することを望むと述べ、
イランの参加をめぐる意見の相違が解消されるとの見通しを示した。

※ブルムバーグ引用

それでも原油価格は44ドル。
100ドルを超えていた時期があったと思えば、
まだまだ安い水準です。
産油国などで、紛争などが起こるようなことがなければ、
経済が停滞しつつある世界マーケットでは、
原油価格が急上昇する可能性は低いと思います。

【9月2日のマーケット】
160904-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2511-9f38a4f1