こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【浜田内閣官房参与:日銀はFOMC決定前の追加緩和は控えるべきだ】
浜田宏一内閣官房参与は、20、21日に
日本銀行が開く金融政策決定会合について、
米国時間21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の
決定前に追加緩和を行うことは差し控えた方がよいとの考えを示した。

※ブルームバーグ引用

今回の量的緩和を推し進めた浜田さんですが、
この意見は同意見。
アメリカの後追いをしたほうが、日本の損失は、
減少させることができます。
すでに政府の言葉だけの発言は、
マーケットを大きく動かすことはできず・・・。
できれば、量的緩和はあきらめて、うまく撤退してほしいですが、
浜田さんしかり、財務省や政府は、どうやって
この量的緩和を収束させるのかとても興味があるとこです。

【中国株:午後に入り上昇、当局が買い支えとの観測-消費・工業株高い】
6日の中国株式相場は上昇。
政府系ファンドが株式・為替両市場に介入したとの観測から、
午後に入り上げに転じた。消費者関連銘柄や工業株が高い。

※ブルームバーグ引用

中国株も日本と同じく、
政府が買い支えているという疑惑があるようです。
特に、中国は日本より露骨ですから、
急落する場面では、買い支える、
または、マーケットを閉鎖するという
強引な手段が打てます。
それが投資家にとって良いのか悪いのかわかりませんが、
マーケットに投資を続ける限り、
最悪、売買が全くできなくなる可能性は、
ゼロではないとうことを忘れないことが必要です。

【9月6日のマーケット】
160906-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2513-a2700ff9