こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【債券売りが株にも波及、中銀政策めぐる懸念の高まりで-円上昇】
長期債から始まった債券売りが株を含め
金融市場全体に波及しつつある。
12日の欧州株とアジア株は英国の
欧州連合(EU)離脱選択後以来の大幅安。
米株先物も下げている。世界の中央銀行が
景気刺激策を引き揚げる準備をしているとの懸念が背景にある。

※ブルームバーグ引用

日本マーケット、中国マーケットも、
金曜日のアメリカマーケットの下落に引きずられ、
やはり下落してしまいました。
このまま、アメリカマーケットが、
ずるずる下落してしまうのか気になるところですが、
利上げが確定的になれば、
まだ、アメリカマーケットは下落するはずです。

【原油の売りポジション増加-生産制限に対し懐疑的な見方強まる】
原油生産の上限をめぐる
石油輸出国機構(OPEC)と他の産油国の協議長期化で、
市場では合意実現への懐疑的な見方が強まっている。

※ブルームバーグ引用

原油が下落すれば、長期的に見れば、
マーケットの下落に寄与することになります。
世界の経済が停滞すれば、景気の悪化、
エネルギーの需要も減少することになります。

【9月12日のマーケット】
160912-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2516-e0087610