こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【石原再生相:消費税率12、13、15%への引き上げ問い掛け選挙を】
石原伸晃経済再生相は、
高齢化に伴い膨張を続ける社会保障費に対応するため、
消費税率は10%でも不十分だとした上で、
今後は15%への税率引き上げも視野に、
国民に選挙で問わなければいけないとの考えを示した。
5日、ブルームバーグ・セミナーで話した。

※ブルームバーグ引用

消費税の増税が延期されていますが、
政府が支出を減らすことができないのであれば、
増税は、早ければ早いほど良いことになります。
特に若い人々にとっては。
昨日も書いた通り、日本の少子高齢化は止まりません。
増税を先送りすることで、そのツケは、
若い人々に回されることになります。
できれば、支出を減らしてほしいと思いますが、
官僚は、自分たちができる配分(力)を減らす選択は、
なかなかできないと思います。

【東電HD広瀬社長:債務超過の可能性、廃炉費用の一括計上なら】
東京電力ホールディングスの広瀬直己社長は5日、
経済産業省で開催された「東京電力改革・1F問題委員会」(東電委員会)で、
原発事故を起こした福島第一原子力発電所の
追加廃炉費用を一括計上した場合には
債務超過に陥る可能性があるとし、制度的な措置を求めた。

※ブルームバーグ引用

東電をつぶすことができれば、つぶし、
原子力は、実験炉のみ維持、あくまで基礎研究だけは継続、
現存の原子炉は、寿命が来たら廃炉という選択を、
できればして欲しいです。
すでに原子力は、いったん事故が起これば、
そのコストが跳ね上がることが証明されました。
自分たちの時代さえよければという考えは、
国家予算を含め、考え直すことは、
できないのでしょうか。

【10月5日のマーケット】
161005-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2531-7759f63f