こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀:物価2%達成を「18年度ごろ」に先送り、金融政策は据え置き】
日本銀行は1日の金融政策決定会合で、
長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる
金融調節方針の維持を決定した。
従来2017年度中としていた2%の物価目標の達成時期は
「18年度ごろ」に先送りした。
18年4月までの黒田東彦総裁の任期中の達成は難しい情勢となった。

※ブルームバーグ引用

結局、黒田総裁が行っている政策は、
なかなかうまくいっていないということです。
インフレターゲット2%は、おそらく、
東京オリンピックまでには達成できないと思います。
さらに東京オリンピックが終了すれば、
更なる消費の冷え込み、何より、少子高齢化が進み、
若い世代は、将来に不安を抱え、消費はさらに減ると思います。
打開策は、政府が、若い人々に将来、安定して生活できる
ロードマップを描くということですが、政治家は、
完全に選挙に行く確率が高い、ご年配の方々のほうを見ているので、
若者に国の予算が使われないという悪循環に陥っています。

【英EU離脱にらみ英国資産を全て売却-カーネギー投資銀行】
ストックホルムに本拠を置き172億ドル(約1兆8000億円)を
運用するカーネギー投資銀行は、
6月の英国民投票を前に行われた世論調査で
欧州連合(EU)離脱をめぐる賛否の差が縮小したのを受け、
顧客の英国資産を全て売却した。

※ブルームバーグ引用

残念ながら、カーネギー投資銀行と
同じような傾向が、今後も続くと思います。
超長期で見れば英国のEU離脱は、
間違いだったと思います。

【11月1日のマーケット】
161101-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2550-39c1c978