こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株は急反落、米大統領選の波乱警戒しリスク回避-内外需広く売り】
2日の東京株式相場は急反落。
米国大統領選挙の波乱警戒からリスク回避の売りが優勢で、
為替の円高推移も嫌気された。
輸送用機器や機械など輸出株、非鉄金属など素材株、
銀行など金融株中心に幅広く安い。国内企業の決算も業績下方修正が相次ぎ、
住友電気工業やNTNが急落した。

※ブルームバーグ引用

一時的な下落なのか、さらに下落するかは、
アメリカの大統領選にかかってきました。
クリントン氏が優勢だったはずが、
トランプ氏との差は、ほぼ僅差。
選挙は、本当に水物で何が起こるかわかりません。
ブラックスワンが現れないことを祈るばかりです。

【FOMC声明の注目点:12月利上げの可能性示唆か-昨年の手法踏襲も】
米連邦公開市場委員会(FOMC)は2日まで開く会合で
政策金利の据え置きを決めると広く予想されている。
だが、12月の会合での利上げ実施の可能性は示唆するかもしれない。

※ブルームバーグ引用

アメリカの12月の利上げが確実であれば、
大統領選で下落したところで下値で購入、
利上げ予想で、株価が上がったところで売却できれば、
良いとは思うのですが、なかなか思った通りいかないのが、
株式です。

【11月2日のマーケット】
161102-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2551-6df430bd