こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【7-9月GDPは年率2.2%増、輸出が寄与-3期連続でプラス】
7-9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は
前期比年率で2.2%増と、3期連続のプラス成長となった。
内需は伸び悩んだものの輸出が寄与した。

※ブルームバーグ引用

円安、さらにGDPの結果を受けて、
本日の日本マーケットは続伸。
さらに円安、アメリカマーケットの値動きが
右肩上がりであれば、しばらく値上がり、
大きな下落は起きにくいと思います。

【長期金利が約2カ月ぶり高水準、米金利先高観や株高・円安で売り優勢】
債券相場は下落。
米国の次期政権の政策をめぐる観測を背景に
米金利の先高観が根強いことに加えて、
国内株高や円安進行が売り手掛かりとなり、
長期金利は約2カ月ぶりの水準まで上昇した。

※ブルームバーグ引用

ここから注目すべきは、アメリカ金利の先行きです。
世界各国の債券が下落していく可能性が
高いと思いますし、いつも言っていますが、
大きなイベントがあるときは、ポジションを減らすのが、
資産を守るポイントだと思います。

【11月12日のマーケット】
161114-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2559-a5085251