こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【トランプ相場を理解するための読本-Mエラリアン】
ドル相場は今週、約10年ぶりの高値を付けた。
それに伴い、ドル高の理由と持続可能性に加え、
世界経済への影響が問われることとなった。

※ブルームバーグ引用

FRBが利上げするまでは、
何となく値上がりがゆっくり続くような気がしますが、
FRBの利上げ完了後、マーケットは
やや上下するふり幅が大きくなるような気がします。
ポイントは、どこで、トランプ氏が、
ドル高に警笛を鳴らすか?だと思います。
世界各国の金利が上げ始めたら、
マーケットから距離を置いた方が良いかもしれません。

【TOPIXが7日続伸、1年3カ月ぶり-米経済堅調と110円台円安】
18日の東京株式相場は、
TOPIXが昨年8月以来の7営業日続伸。
強い住宅統計を材料に米国12月の利上げ確率が上昇、
為替が1ドル=110円台とドル高・円安に振れ、
世界景気や国内企業業績の先行きが楽観視された。
自動車など輸出株や海運株、ガラスや非鉄金属など素材株中心に高い。

※ブルームバーグ引用

やはり円安に伴い、
日本マーケットは上昇が止まりません。
そろそろとは思うのですが、
探るのであれば、外国人投資家の動向です。
彼らが売ってきているのであれば、
一度、利確したほうが良いかもしれません。

【11月18日のマーケット】
161120-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2563-fad20e6b