こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【TOPIX7日ぶり反落、円安一服とFOMC待ち-不動産、資源安い】
14日の東京株式相場は、TOPIXが7営業日ぶりに反落。
為替市場で円安の勢いが一服した上、
米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を
見極めようと買いが見送られた。
連騰による過熱感もあり、不動産や医薬品など内需株のほか、
石油や商社、非鉄金属など資源株も安い。

※ブルームバーグ引用

日経平均は、プラスに引けました。
明日の朝には、FOMCの結果が、
日本マーケットに反映されると面ますが、
0.25ポイントの利上げで、マーケットじたい、
よこよこか、若干下落で終わるような気がします。
問題は、海外がクリスマス休暇に入った後、
マーケットは、やや下落気味になると思います。

【日銀が国債買いオペで異例尽くし、超長期の急激な金利上昇に対応】
日本銀行は14日、9月に長短金利操作を導入して以降、
初めて長期国債買い入れを増額した。

※ブルームバーグ引用

マーケットは、
各国が量的緩和を続けたことで、
かなりひずみができており、
そのひずみの反動が、少しずつ
目に見える形で出てきていると思います。
小さなひずみが、いずれ大きなひびになり、
マーケットの大きな下落を、
呼び込まなければと思いますが、
大きく下落した時こそ「買い」です。

【12月14日のマーケット】
161214-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2581-908477d8