こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株式市場で静かな革命進行中-配当や自社株買いで内部留保に対応】
失望が絶えなかった日本の株式市場で、静かな革命が進行中のようだ。
日本企業は何年も、現金を蓄え続けてきた。
その規模は昨年9月時点で2兆4000億ドル(約272兆円)相当と世界最大。
この資金を株主にいかに還元するかがずっと課題だった。

※ブルームバーグ引用

企業の現金の内部保留と日銀のマーケットの買い支え、
日銀が購入した株を、企業が内部保留したお金で、
自社株買いをすみやかに行えば、
マーケットの急落は防げます。
問題点としては、企業が自社株を購入を決めるのに、
時間がかかるということと、自社株買いが進むのかということです。
いざというときのキャッシュ(現金)は、やはり心強いのです。

【トランプ氏、ボーイングFA18スーパーホーネットの大型発注示唆】
トランプ米大統領は17日、米ボーイングの戦闘機
FA18スーパーホーネットの大型発注を示唆した。
サウスカロライナ州のボーイング施設を訪れた機会を利用して、
米軍の最新鋭戦闘機F35を製造する
米ロッキード・マーチンにコスト削減を促した。

※ブルームバーグ引用

他国はもちろん、自国についても、
なかなか厳しいトランプ大統領です。
戦闘機の選定については、日本もF35の導入を
決定しており、今後の日本の戦闘機選定にも、
影響が出てくるかもしれません。
できれば、純国産戦闘機を日本には、開発してほしいです。
F2を開発した時のような横やりが
アメリカから入らなければと思います。

【2月20日のマーケット】
180220-01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2624-871a729e