こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【第2次朝鮮戦争勃発なら戦火はアジア全域に急速に拡大-地図が物語る】
米紙ニューヨーク・タイムズの委託により
最近実施された調査で、地図上で北朝鮮の位置を見つけられる人たちは
比較的、軍事行動よりも話し合いを支持する傾向にあるという結果が出た。
北アジアの地理を見れば、その理由は一目瞭然だ。

※ブルームバーグ引用

第二次世界大戦後、戦火にさらされていない日本は、
やはり、平和ボケをしているといわれてもしかたがないと思います。
核兵器をミサイルに搭載できないとしても、
記事にある通り、少なくとも化学兵器は搭載できるはずです。
日本が導入しているPAC-3は、
ミサイルをミサイルで撃ち落とす防衛兵器ですが、
何十機と一度にミサイルを撃たれたら、
すべて迎撃するのは、まず不可能。
Jアラートガ鳴った際の訓練は、自分でしとくべきかもしれません。

【ドル・円が上昇、日本株の底堅さや米金利上昇で円売り優勢-109円前半】
東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=109円台前半に上昇。
日本株の底堅さや米金利の持ち直しを背景にドル買い・円売りが優勢となった。
半面、週後半にジャクソンホールでのシンポジウムを控えて積極的に動きづらく、
北朝鮮リスクへの警戒も続く中、上値は限られた。

※ブルームバーグ引用

流れは円高、アメリカマーケットも
ここ最近では、横ばいが続くようになったように見えます。
バフェット指数も、株の割高を示唆していますし、
あえて、下落しそうな局面で買いに行くのは、
常にチャートとにらめっこができる投資家です。
現在は、静観中です。

【8月22日のマーケット】
170822-1

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2734-d2bcf003