こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

日本マーケットは11月3日の文化の日で休み。
香港マーケットは、やや上昇の小康状態。
アメリカの大統領選挙の見極めおよび、
今月に開催されるG20(サミット)の動向によって、
大きくマーケットの流れが変わるとは思えませんが、
今月、注目すべきはこの2点でしょうか。

【10月の雇用統計で雇用者数10カ月連続の減少か-調査】
週発表の米経済指標では、
10月の雇用統計で非農業部門雇用者数が
10カ月連続の減少となり、
特に製造業部門の減少は
2001年のリセッション(景気後退)以来最大と予想されている。

※ブルームバーグ引用

【10月米消費者マインド指数:57.6に低下、現況は過去最低】
10月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は
57.6(速報値57.5)と、前月の70.3から大幅に低下。
1978年の月間ベースでの同指数集計開始以来で
最大の落ち込みを記録した。
ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は57.5 だった。
個人消費は第3四半期に縮小に転じており、
第4四半期も低迷が続く見通し。

※ブルームバーグ引用

実態経済はこれから悪化するのは、
ほぼ間違いなく、
それほどあせって投資をする必要はないと思います。
ただし、前回のように大きく下げたときは、
下げの反動を狙って、少し買いを入れてみるのも
良いかもしれません。

【11月3日のマーケット情報】
20081103_01


スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/523-16f4271c