こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

世界的に景気後退の兆しということで、
新聞が報道するようになってきました。
しかし、不景気=モノが売れない状態は、
そんなに悪い状態でしょうか?

本来であれば好景気のときに
不景気に備えることが必要であって、
不景気で会社の倒産が増加するというのは、
倒産した経営者の手腕がなかったということです。
倒産は不景気になった場合の見込み数字と
経営環境が見抜けない経営者の失敗です。

ちょっと話は脱線しますが、
地球温暖化でCO2の排出を抑えようと言いながら、
景気をよくしようとする行為は矛盾。
エネルギーの消費率増加=景気拡大です(苦笑)。
そもそも人間のやることは矛盾だらけ。
二兎追うものは・・・ではありませんが、
小さなところから自分の行動を見直すのも
良いかもしれません。

【香港株(終了):下落-香港経済がリセッション入り、SARS以来初】
香港株式相場は下落。
香港経済が2003年の新型肺炎
(重症急性呼吸器症候群、SARS)流行以来で
初のリセッション(景気後退)に陥るなかで、
金融株を中心に売りが広がった。

※ブルームバーグ引用

「世界がもし100人の村だったら」
一時期、大ベストセラーになったこの本は、
日本はもちろん先進国の国々がどれだけ幸福かを教えてくれます。
考えてみれば、「好景気、不景気」に一喜一憂できるのも、
先進国だからこそ。

「もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、
 家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら・・・
 あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちのひとりです。」


この世界には、明日食べるものに
困っている人々がいることを、
忘れないようにしたいと思います。
※世界がもし100人の村だったら引用

【11月17日のマーケット情報】
20081117_01


世界がもし100人の村だったら 総集編 POCKET EDI (マガジンハウス文庫 い 1-1) (マガジンハウス文庫 い 1-1)世界がもし100人の村だったら 総集編 POCKET EDI (マガジンハウス文庫 い 1-1) (マガジンハウス文庫 い 1-1)
(2008/10/01)
池田 香代子

商品詳細を見る


スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/533-a49fee51