こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

今日は中国の本土が強い。
ただし、本土は昔のチャートを見ればわかるように、
かなりの博打マーケットになっています。

しかし、実体経済で見たとき、
サブプライム発の今回の金融危機から、
回復が一番早い国は、やはり中国だと思っています。

【中国が日本を抜いて米国債保有国1位に】
国財務省が発表した最新の国際資本流動報告(TIC)によると、
9月末までに中国の米国債保有額は5850億ドルに達し、
中国は日本に取って代わって米国債の最大保有国になった。

中国は9月に米国債の持ち高を436億ドル増やした。
これは前月の買い増し額の223億ドルの約2倍で、
今年の米国債の月間買い増し額の記録が再び更新された。
1月から9月には、合計1074億ドルを買い増し、
7月以降の買い増し額は大幅に伸びている。

※ブルームバーグ引用


日本はある意味、アメリカの51番目の州に近い存在で、
自分たちの意思で米国債を大量売却することができません。
しかし、中国はできる。
中国が世界で第一位の米国債を保有することによって、
ある意味、中国はアメリカとの戦いに
経済的に勝ってしまったといえます。

もし、中国が米国債を一気に売却を決断したら・・・
アメリカはもちろん、世界は大混乱に陥ります。
ドルが大幅に下落する可能性は、
今後の中国の出方しだいで決まるかもしれません。

少なくとも日本より外交がうまい中国は、
今後、着実にその力を伸ばしていきます。
投資するなら今後発展する国へ・・・
長期で株式投資ができるのなら、
成熟したマーケットよりこれから伸びるマーケット。
それは投資家なら当然の選択だと思います。

【11月19日のマーケット情報】
20081119_01


スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/535-c85483da