こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

今日は世界のマーケットがほとんど下げました。
原因はこちら・・・

【支援要請の米ビッグスリー首脳、自家用ジェット使用に批判】
経営危機に陥っている米3大自動車メーカー(ビッグスリー)の3首脳は19日、
米下院金融サービス委員会で証言し、
250億ドルの公的資金による3社の資金繰り支援策を柱とする
追加景気対策法案の早期成立を要請した。
しかし、共和党議員の反対が強く、法案を提出した民主党議員からは
「成立する可能性は、率直に言ってわずかだ」(ドッド上院議員)との見通しが示され、
民主党が当初目指した週内の採決は難しくなってきた。

※読売新聞引用

アメリカの自動車企業を救うか救わないか、
この選択は、アメリカにとっても実はとても難しいような気がします。
救えば、一時的に大きくマーケットは揺れますが、
政府が救う、救わない企業の線引きが少しずつ固まり、
長期で見ればマーケットの回復は早くなる。

逆にどんなに厳しい状況でも救うということになれば、
日本と同じように、だらだらと不況が長く続くことになります。

アメリカの自動車産業と政治家のつながりが、
どのていど深いか分かりかねますが、
強ければ政治家は自動車産業を救うはず。
彼らの票に影響することもありますが、
真っ赤かのこのアメリカ自動車産業は、
アメリカでかなりの数の従業員と、
リタイアした方々の年金を補っているはず・・・。

モルヒネを打つか、手術をして患部を取り出すか、
アメリカ政府にとって難しい決断は、
自動車産業に限らず、これから多く出てくると思います。
まだまだ株価は大きく上下しそうです。

【11月20日のマーケット情報】
20081120_01


スポンサーリンク

宇宙時代に空を飛ぶ自動車は有効である 金融不安で景気低迷する時こそ空を飛ぶ自動車かもしれない つもりこんな時は企業倒産に対抗するぐらいの対策が必要で大きな打開策が後々大発展し生き残れるはずである それと社員の能力アップに最高生命力波動エネルギー技術を利用するべきでスーパーマンがスーパーカーを開発する時生き残れるかもしれない

2008.12.15 09:24 URL | 増田二三生 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/536-f846c663