こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

本日の香港マーケットは
アメリカのciti救済を受けて、上昇していますが
長期でみたら、ほぼ間違いなく下降線。

【第3四半期米実質GDP改定値:0.5%減、01年以来で最大のマイナス】
米商務省が25日に発表した
第3四半期(7-9月)の実質国内総生産
(GDP、季節調整済み、年率)改定値は、
前期比年率0.5%減少と、速報値の0.3%減少から下方修正された。
2001年のリセッション(景気後退)以来で最大のマイナス。
ブルームバーグ・ニュースがまとめた
エコノミストの予想中央値は0.5%減だった。
第2四半期は2.8%の増加。

※ブルームバーグ引用

株価が下がるのが分かっていたら、
リスクは高いですが、空売りが儲かります。
それが怖い方は、ワラントのプットの購入。
一番、安全なのは円でキャッシュを維持。

アメリカ政府が小出しで金融企業を救っている手法は
アジアのはずれにある国が行っていた政策に
とても近いと思います。

オバマ政権に変わるまでは、
似たような政策が続くとなれば、
アメリカの政府の対応は変わらない。

とりあえず私は、バフェット氏など、
世界の著名な投資家の言葉を信じ、
来年、半ばを見て、投資を再開しようと思っています。
それにしても、現在の保有株の金額を見たら・・・
元はとった無料株でも痛いですね(苦笑)。

【11月25日のマーケット情報】
20081125_01


スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/539-fbaac39d