こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円一段高、83円60銭-米住宅指標で懸念さらに強まる】
ニューヨーク時間24日午前の外国為替市場では、
円がドルに対して上昇し、一時1995年6月以来の円高・ドル安となった。
世界的な景気減速への懸念から、相対的に安全とされる通貨に対する需要が強まった。

※ブルームバーグ引用

長期で見たら、円高、株安傾向が続く、
といったようなことを、書いた記憶があるのですが、
ちょっと円高、株安になる速度が速い。
これは、このままズルズルいってしまうのでしょうか?

ちなみに、「政府は介入しろ!」という意見が
多いかもしれませんが、
日銀が介入したところで流れは一時的に変わっても
長期ではかわりません。

値下がりを続けるドルを購入するのであれば、
国民の税金を投入するという意味で、
政府には、今は円を保有していただいたほうが、
良いのではないでしょうか?

【米経済の二番底リスク高まった、実現の公算小さい=シカゴ地区連銀総裁】
米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は24日、
景気の二番底が現実となる公算は小さいものの、
リスクは過去6カ月間で高まったとの認識を示した。
総裁は講演後の質疑応答で
「二番底は最も可能性が高い結果ではないが、
今後の(米経済の)回復の強さを懸念している」と述べた。

※ロイター引用

やはり、ここから怖いのは、
アメリカマーケットの先行き・・・
日銀がどれだけ介入しても、
欧米のマーケットが悪化すれば、
世界中の資金が安全な通貨に流れ込む。
日銀の持つお金と、世界マーケットのお金、
相手になりません。

【8月24日のマーケット情報】
100824_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/987-935c039d